〒542-0081
大阪市中央区南船場1-10-20
南船場M21ビル 1F

電話番号 06-6263-2631
メールフォームからお問い合わせ
リクルートお問い合わせ個人情報保護法
地図はこちら

大阪市 中央区 心斎橋 婦人科【みつもとレディースクリニック】

性感染症

メディカルアロマサロン La Lumiere

左のQRコードを
読み込んで頂くと、
携帯サイトがご覧
頂けます。

トップページ»  性感染症

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎

トリコモナスという原虫による性感染症で、黄色い悪臭のおりものが増量して膣の灼熱感、排尿痛、外陰部掻痒感などがおこります。治療は膣錠と内服によりますが、夫あるいは性パートナーも同時に治療が必要です。

クラミジア感染

クラミジア感染症は性感染症でも今最も多いといわれているものです。子宮の頚管に感染し、女性の症状として、帯下が多い、不正性器出血、下腹部痛などが起こります。最初のうちは症状もあまり気にならないぐらいでも、ひどくなると強度の腹痛や発熱を伴い、骨盤内全体に感染が広まることもあります。そして、不妊症や流産の原因にもなります。

検査は、子宮の頚管から抗原を検出する方法と血液検査で抗体を測る検査とがあります。治療は抗生剤によりますが、夫婦間で感染している事が多いので、夫、性パートナーにも同時に検査および治療を行うことが重要です。

淋菌感染

淋菌感染=淋病も、性感染症で近年再び増加しつつあります。最初の時期の症状としては、感染後7~10日後に膿性帯下の増加がみられ、感染が広がると下腹部痛、発熱をきたすこともあります。治療は抗生剤で行います。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウィルス(HPV)の6型及び11型の感染により発生する良性のできものです。性行為により皮膚や粘膜にある小さな傷からウィルスが侵入して感染し、感染後約3週~8ヶ月の潜伏期間を経て発症します。大きさは2mmから1cm程度で、イボ状、ニワトリのトサカ状のできもので、自覚症状はほとんどなく、時にかゆみ程度があるぐらいです。外陰部(特に会陰部、膣入口部、小陰唇、肛門周辺)、膣内、子宮頚部に病変を形成しやすく、複数個発生する事が多いです。
治療は、局所麻酔下で簡単に切除でき、日帰り手術が可能です。また、ベセルナクリームを局所に使用し再発予防にある程度効果があります。
また、最近では子宮頸がんの予防接種で、HPVの16型と18型に加えて尖圭コンジローマの原因となる6型、11型に対して感染予防となるワクチンが開発されました。
ただし、十分な予防効果を得るためには必ず3回の接種をうける事が必要です。

費用
子宮頸がん+尖圭コンジローマ予防ワクチン(ガーダシル) ¥17,000(税込み)×3回

HIV感染(エイズ)

HIVウィルスに感染し発病すると、体内の免疫を担当する細胞が侵され、免疫力の低下から全身の様々な病気を併発し、やがて死に至るのが後天性免疫不全症候群(エイズ)です。感染しても最初はちょっとした風邪程度の症状しか出現しないため気づくのに時間がかかり、治療の開始が遅れがちです。エイズは、感染者とのトイレ、お風呂の共有や軽いキス程度では感染しませんが、性行為(通常のセックスだけでなくオーラルセックス、アナルセックスでも感染の危険性はあります。)や輸血により感染します。よって、たいした症状がなくても気になるときは検査を受けて下さい。

梅毒

梅毒は昔から存在する性感染症のひとつですが、その流行は周期的に繰り返してきました。梅毒は全身に及ぶ感染ですが、その初期には硬性下疳といって外陰部にかたいできものが出現します。治療はペニシリン系の抗生剤がよく効きます。

性器ヘルペス

ヘルペスウィルスの感染により発症します。外陰部の粘膜・皮膚面にとても痛みを伴う多発性の潰瘍性病変か水泡性病変が出現します。あまりの痛みですぐに病院やクリニックにかけつける方が多いですが、抗ウィルス剤の内服や軟膏を塗る事で治療します。

ページトップへ戻る