〒542-0081
大阪市中央区南船場1-10-20
南船場M21ビル 1F

電話番号 06-6263-2631
メールフォームからお問い合わせ
リクルートお問い合わせ個人情報保護法
地図はこちら

大阪市 中央区 心斎橋 婦人科【みつもとレディースクリニック】

子宮がん検診 子宮頸がん予防ワクチン

メディカルアロマサロン La Lumiere

左のQRコードを
読み込んで頂くと、
携帯サイトがご覧
頂けます。

トップページ»  子宮がん検診 子宮頸がん予防ワクチン

子宮がん検診

子宮がん検診

子宮がん検診には、子宮の入り口である子宮頸部がん検診と子宮の内部である子宮体部がん検診とがあります。子宮頸がんの多くはヒトパピローマウィルス(HPV)の感染により発症する事が明らかにされています。また、性活動の若年化に伴い、子宮頸がんも20代後半の罹患率の増加が認められています。子宮頸がんの進展は一般に緩徐であり、前がん段階から浸潤がんとなるには5~10数年かかるといわれています。ですから、検診を積極的に行い初期の段階の異常を早期に発見する事が大切です。

ヒトパピローマウィルスは性交渉により感染しますが、女性の約80%は生涯のどこかでHPVに感染するとされており、多くは一過性感染であり、その90%以上は免疫応答により自然消失します。残りの10%は感染が持続的となり、子宮頸部の上皮内の核のDNAに組み込まれ、異形成(前がん状態)に変化してゆくといわれています。HPVは、現在約100種類以上の型の存在が認められており、そのうちの15種類ほどが発がん性HPV(ハイリスクグループ)といわれています。

子宮頸がん検診の細胞診にて異常が発見された方に対しては、子宮頸部のHPV検査を実施し、発がん性HPVの感染があるか否かの検査を受けるべきです。欧米でも子宮頸がん検診ではこの細胞診とHPV検査を併用しており、併用検診により(1)前がん病変の発見精度の向上と(2)将来の病変の進行を推測する事が可能で、今後の治療の指針となります。
HPV検査はわが国でも検査結果により一部保険適用が認められるようになり、検査が受けやすくなってきました。

自費費用
HPVのハイリスク・スクリーニング ¥5,500(税込み)

また一方子宮体部がんはホルモンに関連したがんであるといわれ、中~高年に認められる事の多いがんです。通常は不正な性器出血を契機に発見される事が多いです。50歳以下の女性であっても不正な出血がある場合には、子宮体部のがん検診も受けておくべきと思います。

子宮がん精密検査(コルポスコピー検査)

コルポスコピー
コルポスコピー

コルポスコピーは、子宮頸がん検診で異常が出た際に行う検査です。
子宮の入り口を拡大鏡(コルポ)で観察し、異常がある組織の一部分を採取し検査するものです。

当院では、院長が細胞診専門医として、大阪がん予防センター婦人科勤務時代から大阪府内の子宮頸部細胞診の検査で異常が認められた方に対して、コルポスコピーによる精密検査に従事しておりましたので、もし細胞診で異常が認められてもすぐに精密検査が可能です。

また他の施設にて子宮頚がん検診を実施され異常の結果であった方も、
お電話で精密検査のご予約をしていただく事ができます。
ご来院のときには必ず頚がん検診の結果をご持参ください。

コルポスコピーによる精密検査は直接お電話でのご予約が必要です。
TEL 06-6263-2631

 

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がんは、発がん性HPVの感染により発生すると言われており、現在認められている15種類の発がん性HPVの中でも、16型、及び18型は、日本人子宮頸がん患者の約60%からみつかる発がん性HPVであり、この16型および18型に対するワクチン(サーバリックス)が開発されました。このワクチン接種によりHPV16型と18型の感染をほぼ100%防ぐ事ができます。ただし、すでに感染しているHPVを排除したり、がんを治療する効果はなく、16型及び18型以外の発がん性HPVの感染は予防できません。接種は10歳以上の女性が対象となり、接種は初回接種から1ヶ月後、初回接種から6ヶ月後の計3回筋肉内に注射します。

費用
子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックス) ¥17,000(税込み)×3回

また、最近16型及び18型に対する感染予防とともに性感染症である尖圭コンジローマに対する予防も兼ねた4価ワクチンが開発され、尖圭コンジローマの原因であるHPV6型及び11型に対する感染予防も可能となりました。接種は初回接種から2ヶ月後、初回接種から6ヶ月後の計3回筋肉内に注射します。

費用
子宮頸がん+尖圭コンジローマ予防ワクチン(ガーダシル) ¥17,000(税込み)×3回
ページトップへ戻る