〒542-0081
大阪市中央区南船場1-10-20
南船場M21ビル 1F

電話番号 06-6263-2631
メールフォームからお問い合わせ
リクルートお問い合わせ個人情報保護法
地図はこちら

大阪市 中央区 心斎橋 婦人科【みつもとレディースクリニック】

不育症

メディカルアロマサロン La Lumiere

左のQRコードを
読み込んで頂くと、
携帯サイトがご覧
頂けます。

トップページ»  不育症
不育症

妊娠の診断がなされ、家族みんなで喜んでいるのに、残念ながら流産に至り辛い思いをされることがあります。しかも一部の女性では次回の妊娠も流産を繰り返すことがあり、不妊症と区別して不育症と呼んでいます。

現在の統計上では、妊娠8週未満の流産が約10%で、妊娠8週以上22週未満の流産が5%で、全妊娠の約15%が自然流産であります。またやはり統計上では、1度流産を経験すると2度目の妊娠時に流産する確率はこの15%よりも高くなり、2度流産を経験後の3度目の妊娠時に流産する確率はさらに高くなるといわれています。

つまり、反復流産に対してはその原因を調べ、流産予防の治療をする必要があります。

原因

不育症の原因には胎芽の染色体異常、子宮の形態異常(中隔子宮、双角子宮)、内分泌・代謝異常(甲状腺機能亢進・低下症、糖尿病)、血栓性素因(抗リン脂質抗体症候群、血液凝固因子異常)など様々ですが、胎芽の染色体異常による流産の割合が約20%で、この原因による流産は自然淘汰としての治療不可能な流産といえますが、他の原因による流産についてはそれぞれの原因に対する治療を行う事により現在では約80%の流産予防が可能となってきています。

治療

治療に関しては、原因により対応が異なりますが、
子宮の形態異常には主に手術を、
内分泌・代謝異常には主に甲状腺機能を正常化したり、糖尿病のコントロールを図り、妊娠を計画します。
血栓性素因に関しては当院では主に低用量アスピリン療法とヘパリン療法を行っております。

血栓性素因(抗リン脂質抗体症候群、血液凝固因子異常)が原因の患者さんでは、胎盤の母体血液から
胎児の臍帯へと酸素や栄養をやりとりする場所に血栓ができやすくなり、血栓により血液循環が悪くなり、
流産や死産を起こす事になります。

ですから血栓症のリスクの高い患者さんには血液を固まりにくくする治療が有効であり、
    
  当院では低用量アスピリンの内服とヘパリン皮下注の併用を実施しています。

ヘパリンの皮下注は当院ではご自身で自宅で注射をしていただく在宅自己注射を指導しています。

まず、妊娠初期にご来院いただき、院内で何度かヘパリンの皮下注射をご自身にしていただき、
その後は毎日欠かさず在宅で自己注射をしていただくため、効果も期待できます。
また、この治療は保険診療ですので、費用面でもそんなに自己負担が多くありません。

流産を経験された方、あるいはできるだけ流産を避けて家族計画を望まれる方は是非ご相談下さい。

ページトップへ戻る